気候ポッド 第2回 ~ 『おっさん病』ってなんだ?前編



いきなりですが、みなさん『おっさん病』ってご存じですか?

すごく身近な場所で蔓延していて、世界中で多くの命を奪っているというのに、まったく罪に問われる気配どころかほとんど問題にならないこの『おっさん病』が今回のテーマです。

なかなか定義付けが難しいのですが、おっさん病を簡単に説明すると…

差別や格差などの不公平や不公正を巧みにつかい、他者から精神的・物理的・経済的な利益をむさぼることを正当化する化石のような古い価値観や世界観。また、社会経済的に優位な立場を利用してこのような価値観を他者に押しつけて黙らせ付き従わせようとするために用いられる言動。

とまあ、こんな感じです。たとえば、自己責任論を振り回したり、男性が女性らしさを決めたり、男性が女性の教育やキャリア構築の機会をコントロールしたりすることなどがパッと思い浮かびます。詳しくは本編をお聞きください。

社会をむしばみ、気候変動も含めてほぼすべての社会問題の根本的な原因になっているおっさん病を克服できれば、思いやりと優しさにあふれる、人間同士も、人間と自然も調和のとれた美しい社会をつくっていけるはず。

そういう公平や平等を大事にする世の中は、気候変動によって激化した自然災害などにも強くしなやかな対応力を持つことができます。

そのためにも、まずは身近に潜む『おっさん病』をみつけて克服し、おっさん病への抗体をゲットしましょう。社会からおっさん病の居場所がなくなれば、誰もが生きやすい世の中になっていきます。もちろん、おっさんたちにとっても。

この記事へのコメント